記事一覧

BootcampでDAW

このブログはMacでBootcampでDAWしてると行き当たる壁について書いてます。

先日までの作業を終え、ついにHDDの交換をしました。

1TBです。Amazonで5千円ほどの東芝製。

MacとBootcamp領域は500GBづつ。

BootcampのWindowsメインで700GB予定してたけど、
Macでitunesが現在300GBも使ってたので半分にする事に。

ここからインストールするOSについて。

問題はiOS10以降をバックアップするにはitunesをアップグレードしないとダメで。

そのためには今のOSもアップグレードしなければいけない。

自分はMountain Lion(10.8.6)から集中して音楽やってて
ネットとかメールとか全然気にしてなかったため、
その間に出てたOSはダウンロードする事は出来ない

これはAppleの厳しい厳しい掟なのです。

一度でもダウンロードしておけば何度でも何時でもOKなのです。

よって、選択肢はEl Capitan以降。

El Capitanは中古で買ったMac mini(core2duoの激安ジャンク)のテストで
ダウンロードしてたので大丈夫だった。

で、また問題、itunes以外に使うのはavidprotools11

protools11の(一応の)最終バージョンは11.3.1
サポートはMac OS 10.10.3 Yosemiteまで

(金さえ出せば10.10.5までサポートされる)

YosemiteはEl Capitanの1個前

もう使えない。

protoolsのオーディオ編集は一番やりやすいっていうか、
これでしか出来ないと思ってる機能があるのでこだわるのです。

オーディオインターフェイスのMbox3proのドライバーは
El Capitanもサポートされてる。

今回のHDD交換で音楽制作はwindowsに集中させようとしてた
のでprotoolsはwindowsで使う事にする。

windowsでprotoolsは不安があります。
ファイル管理的にグチャグチャになりそうで。

まあ、先に進めんとって事でオーディオインターフェイスが
まだ使えるEl Capitanを導入です。

マックまんどくせ。。。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

amagur!☆boya

Author:amagur!☆boya
Macbookproブートキャンプでwindows7、FL studio主に使ってます。
余計な事考えないで音楽に集中したいけど、Macはそうはさせてくれません。
気が付くとOSが何バージョンも上がってたりして泣。
そうならない為の情報収集と2度悩まない為の備忘録等のブログ(初心者)です
パソコンが安定してる時は音楽の事書きます。
ハードウェアの機材も好きなのでちょこちょこ遊んでます。
何か気付いた点等コメント下さい。
よろしくお願いします。

カテゴリ